オリックスは優勝はもちろん、CSの可能性もほぼ消滅したのでここまでをデータで振り返ってみる

こんにちは。本日はオリックスについてです。

まずはパ・リーグの順位表をご覧ください。

9月5日現在、パ・リーグの順位表
順位 球団 勝率 ゲーム差 残試合
1位 ソフトバンク 0.619 20
2位 日本ハム 0.607 1 19
3位 ロッテ 0.528 9.5 18
4位 楽天 0.462 8 23
5位 西武 0.443 2.5 18
6位 オリックス 0.395 5.5 22

我らがオリックスは最下位。8月27日に優勝の可能性が消滅、そして9月5日現在、2位の可能性も消滅し、自力では5位に上がることしか残されていないというもはや大勢が決した感

こうなればもうデータ整理と来季に残されたモノを探す日々(多分)。そんなわけでちょっと早いですが今シーズンをデータで振り返ってみたいと思います。以降のデータは9月5日時点でのデータです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

チーム成績は相変わらず崩壊中

ダントツ最下位、これだけ勝率が悪ければチーム成績が悪いのは当たり前といえば当たり前ですが、チーム成績がかなり崩壊していました。

オリックスは得点が少なすぎる

パ・リーグの打率と得点表

順位 球団 打率 得点
1位 ソフトバンク 0.26 546
2位 日本ハム 0.267 546
3位 ロッテ 0.257 526
4位 楽天 0.256 453
5位 西武 0.265 536
6位 オリックス 0.254 417

3位ロッテ、4位楽天、6位オリックス。実はこの3球団のチーム打率はほぼ同じです。しかし、オリックスの得点能力は最下位、楽天もかなり低いです。同じようなチーム打率で、何故こんなにも得点能力に違いが出るのでしょうか。

それがわかるのが塁打数や四球といった打撃関連のデータです。

順位 球団 打率 出塁率 長打率 OPS 塁打 四球
3位 ロッテ 0.257 0.329 0.367 0.696 1543 418
4位 楽天 0.256 0.323 0.366 0.69 1475 370
6位 オリックス 0.254 0.318 0.349 0.668 1406 342

同じような打率ながらオリックスの得点能力の低いのは、低い出塁率と長打率が原因です。それは四球や2塁打、3塁打、ホームラン数の低さが物語っています。選べない四球と塁打数ワーストが得点能力の低さに直結しているといっても過言ではありません。

ところで、楽天の出塁率と長打率はほぼロッテと同じです。では何故楽天はロッテより得点能力が低いのでしょうか。それがわかるのがRCとXRでした。

順位 球団 OPS RC XR
3位 ロッテ 0.696 526.16 525.82
4位 楽天 0.69 476.33 476.99
6位 オリックス 0.668 453.99 452.21

ロッテと楽天はほぼ同じOPSながら、RCやXRの指標に大きく差があることから、楽天は異常に低い盗塁成功率、最多併殺打といったランナーを無駄にすることが多いことが得点に結びついていない原因であることがわかります。

ざっくりいってしまえば、

ロッテからランナーの大切さを無くした球団が楽天。その楽天から選球眼と長打を無くした球団がオリックスです。

ちなみに5位西武は、打撃能力だけでいうと、1位ソフトバンク、2位日本ハムとなんら遜色ありません。というかパ・リーグ1の打撃指標になっています。その西部が何故5位に甘んじているかというと、異常に悪い守備成績なわけですが。

オリックスは失点が多すぎる

パ・リーグのチーム防御率がこちら

順位 球団 勝率 ゲーム差 防御率
1位 ソフトバンク 0.619 3.07
2位 日本ハム 0.607 1 3.06
3位 ロッテ 0.528 9.5 3.72
4位 楽天 0.462 8 4.06
5位 西武 0.443 2.5 3.87
6位 オリックス 0.395 5.5 4.17

1位ソフトバンクと2位日本ハムのゲーム差1と拮抗しているにも関わらず、2位日本ハムと3位ロッテのゲーム差はなんと9.5ゲーム。ソフトバンクと日本ハムは他4球団と防御率が全然違います。打撃指標も良くて守備指標も良い、それが2球団と4球団の勝率の差となって現れています。

パ・リーグの投手事情をどうみるか、4弱なのか、2弱なのか。私は西武とオリックスの2弱だと思っています

その理由はまずオリックスはチーム防御率、与四球、WHIPワーストと見ればみるほどダメなデータになっています。チーム防御率だけでみると楽天も4.06ですが、先発と救援で分けるとオリックスは先発防御率4.35、救援防御率3.50楽天は先発防御率3.77、救援防御率4.26です。つまりオリックスは先発、楽天は救援投手が悪いということになります。とはいえ救援投手は先発が崩れた際の敗戦処理なども含まれるため、先発が総崩れで試合を作れていないオリックスの投手事情は決定的に問題があると思っています。

順位 球団 防御率 死球 暴投 失点 自責
4位 楽天 4.06 52 25 541 487
5位 西武 3.87 71 53 550 477
6位 オリックス 4.17 33 42 538 498

そして面白いのは西武。チーム防御率は4位ながらチーム最多失点の550点。自責点477との差がチームで最も大きいため、守備のエラーが多く守備陣が最も悪いチームといえそうです。ただ、与死球の数は5位を約20個も突き放す71個を記録しており、なかなかの殺人球団です。

こっちもざっくりいってしまえば、

守備陣が崩壊している西武と、投手陣が崩壊しているオリックス

といった感じです。

チーム成績所感

打てない守れないデータになってしまったオリックス。去年から打撃はちょっと怪しい感じはありましたが、投手なら表ローテーションはチーちゃんに西君、ディクソンと盤石の表ローテーションに加えて、去年2桁勝利の東明大貴選手、本格左腕松葉貴大選手とパ・リーグでも随一の先発投手陣だと思っていたのですが…。

何故こんなにボロボロになってしまったのかもう私にはわかりません。

あの7月の好調はなんだったのか

7月は月間勝ち越し、ついでに安達選手がMVPを取る好調っぷりだったんですが、あの7月は幻か何かだったのでしょうか。7月、月間勝ち越しでついに5位浮上、ここからオリックスは上がってくると息巻いていたものですが。

オリックス安達了一さんが7月の月間MVPに選ばれました
こんにちは。 7月の月間MVPに安達了一さんが選ばれました~。パチパチ。 結構驚いています。過去のエントリを見ていただい...

嬉しさのあまり記事もよく書いてたんですよね。よく観に行ってたし。

7月30日、オリックスを応援しに京セラドーム大阪に行きました
こんにちは。 オリックスの応援に京セラドーム大阪へ行ってきました。これで7月入って5回目の京セラドーム大阪での野球観戦です。た...

勝率 得点 失点 打率 防御
3・4月 0.385 80 136 0.238 4.76
5月 0.409 89 111 0.257 4.66
6月 0.286 66 96 0.234 4.16
7月 0.522 69 66 0.268 2.81
8月 0.375 93 102 0.269 4.00

ちなみにその7月は打撃の好調と投手の好調が合わさって得点69、失点66と今シーズン初の月間得失点差プラス。でもよくよく考えてみれば、打撃の好調と投手の好調が合わさらないと勝ち越せないってのがダメですよね。どっちかの好調で勝ち越せないのかと。あの頃(7月)は浮足立ってたことに今気付かされました。

最後の希望、吉田正尚選手

オリックス吉田正尚http://news.goo.ne.jp/picture/sports/baseballonline-20160402104357298.html

オリックスのラストマンスタンディング、最後の希望といっても過言ではない去年のドラ1ルーキー吉田正尚選手。開幕から1軍に参加、その後怪我に悩まされて4月24日登録抹消したものの、8月12日に1軍復帰してからの成績は半端じゃなく期待させるものです。

オリックス吉田正尚選手の成績(8月12日1軍復帰後)
打率 本塁打 打点 出塁率 長打率 OPS
0.343 5 13 0.446 0.614 1.060

この吉田選手こそオリックスの弱点である高い長打率を持った選手といえます。

やれチーム打撃成績が悪いだの、チーム投手成績が悪いだのいろいろ書きましたが、未来の4番打者が確保できたオリックスの未来は明るい。