yahooニュースの記事をフィルタリングさせて欲しい話

なんだかんだ、yahooニュースを利用している人は多い。膨大なニュース提供社と更新頻度、スポーツ中継などの充実さから私も毎日のように利用している。

個人的な感覚だが、4,5年前から酷い記事が散見されるようになった。2018年まだ半分残っているが、2018年で一番酷い記事を見たので、紹介したいと思う。

ちなみに、記事の内容を見る必要は全くありません。酷い記事なので。

リンク先を見てもイラっとくるだけなので、httpを抜いておきます。

松坂大輔勝利で父歓喜も「お前の大学、大丈夫か?」

headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180527-00218424-nksports-base

タイトルが1行目。松坂大輔って日体大?あれ…松坂って高卒ルーキーだったような…と思いながらも開いてみたら酷かった。

この記事の内容を要約すると、

記者の父が松坂大輔の勝利で喜び、日体大卒(アメフトの件で揉めている)の息子である記者へ電話をかけたというもの

いくらなんでも酷すぎる。記者が日本ハム担当とあるが、中日所属の松坂大輔のことをなぜ書くのかもわからない。なにからなにまでおかしい。

こういったタイトル詐欺の記事がここ数年本当に酷い。この記事に関しては群を抜いて酷いので、私の中で2018年ワースト記事に認定することにした。2018年はまだ半年残っているけど、これ以上酷い記事は今年は見たくない。

原因の推測

私は業界に全く詳しくはないが、こういう記事が蔓延する原因は間違いなく新聞会社から記事書いてアクセス数稼げとかノルマとかそういうのだと確信している。アクセス数さえ稼げれば記事の内容の良し悪しが考慮されないということも確信している。でなければこんな読者を騙すようなタイトル詐欺の記事がいっぱい出てくるわけがない。新聞会社への信頼度もあるはずだが、それに関しては日刊スポーツは信頼度なんて元から無いから何やってもOKという見方はできてしまうかもしれない。

もう1つ推測される原因は、yahooが独占状態だからニュース提供社から記事を安く買い叩いているという話。記事というのは1本いくらのやりとりのようで、ここでもまた記事の質は考慮されていない。

結論として、ニュースを提供する方も受け取る方も記事の質を度外視していることが原因ではないかと思う。

アカウント連携してフィルタリングさせて欲しい

今回ワースト認定した記事の話に戻るが、この記者の書いた次の記事を読みたいと思うかどうか。

当然ながら私は全く読みたいと思わない。

それどころかこの記者の書いた全ての記事を読む必要性を感じない。だからこそフィルタリングさせて欲しい

当たり前のことだが、yahooにはアカウントがあってメールなども利用できる。そのアカウント連携で表示しないニュース提供社とか、表示しない記者とかでフィルタリングすることは技術的に可能だと思う。

アクセスが欲しいなら良質な記事をいっぱい書いてくれればいいし、良質な記事を書く記者の記事を優先表示するなどでアクセス数とは違った記者への評価というフィードバックも可能だろう。つまりフィルタリングの意図は嫌な記事を省くだけではなく、良質な記事がこういったくだらない記事で埋もれてしまうのを防ぐことができる。

ちゃんとした良質な記事を書く記者がいて、くだらない記事を書く記者がいる。読者とちゃんとした記者のために、アカウント連携によるフィルタリングだと思うのですが、導入してくれませんか。本当。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告