秋の恐怖体験。google検索したら謎のページに飛ばされて文字を入力しろと言われた

google

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

タイトル通り、google検索したら謎ページに

結論からいうとこの文章に従って文字を入力すればOK。

続行するには、下に表示される文字を入力してください

googleの検索窓に、検索文字を入れてEnterキーを叩くとすぐさまこのページに飛ばされる。さらに下には自分のIPアドレスと時間が表示されていて何か怖かった。いくらなんでも怪しすぎてこのまま数字を打ち込む気にはなれない(笑)。

これが表示された瞬間、haoみたいなものインストールさせられたかと思いました。

恐怖!!IPアドレスを変更しても出てくる。

自分のIPアドレスが表示されているなら、とりあえずIPアドレスを変更してみようと思いました。うちは固定IPじゃないのでプロバイダへの接続を一旦切断して接続。これだけでIPアドレスが変わります。しかし、googleで検索したらすぐに飛ばされて同じページが表示された。何かキャッシュとかあるのかな、と思ったので、ブラウザを変えてみることに。

ブラウザ変えたら検索できた。

FirefoxやIEなどの別のブラウザではgoogleで検索できた。IPアドレスも関係なくgoogle chromeだけキャッシュされておかしくなっている模様。この当たりにビッグデータ解析のきなくさい感じを受けるのが昨今のインターネッツなんですよねぇ…。

そんなわけで調べてみたらchromeでの検索がロボットだと思われて、人であることの証明のために数値の入力を促してくるようです。多分何かのエラーで検索リクエストが多重に送られたりしておかしくなったんでしょう。というわけでこの文章に従って文字を入力しても何も問題は無い。というか入力しないとgoogleで検索できない。

にしてもgoogleで検索できないだけで不便だなぁと思ってしまう世の中。googleのサービスへの依存度が高い気がする昨今。googleのサービスは素晴らしいのですが、もう少し他の企業の選択肢があって健全に進歩していける状態じゃないと本当に世界政府になってしまうような気がします。

ではでは。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする