勘違いしてすたみな太郎に行った話。満足した。

ネットでよく「すた丼」が美味しくて安くて満足感ある。という話を聞くのですが、実際に行ったことが無くなんのことかわかっていなかった。

お腹が空いた休日の午後、車で移動中に「すたみな太郎」というのを見つけて、これが噂の!と思って車を停めて入ろうとしたところで気付く。店舗の前まで来てやっと気付く。

「すた丼」は「すたみな太郎」じゃないよね、と。

改めて調べてみると「すた丼」は伝説のすた丼のことであり、この眼前にある「すたみな太郎」と一切関係が無かった。

「すた丼」は関東中心の店舗で関西にはあまり無いのも馴染みがない原因でしょうか。

すたみな太郎

とはいえ、この「すたみな太郎」も理科の実験室、肉と寿司と網で遊ぶ店、子供ヤバイ。とか色々な評判があり、総じて悪いものではなかった(理科の実験室って何?)ので、せっかくだからと思って入店することに。今日はそんな「すたみな太郎」で楽しんできた記事です。

すたみな太郎

店内。ファミレスっぽいというかとても焼き肉のお店には見えません。焼き肉のお店ってもっと黒っぽい気がする。

すたみな太郎のメニューは時間性の食べ放題でシンプル。

平日ランチなら90分1124円、全日ディナーなら90分1886円(税別)といった感じ。安い。150~300円増加で120分コースも選べる。今日行った感じだと、2人なら90分で充分だが、4人とか子供がいた場合は120分にして置いた方が無難だと思います。その理由は下を見て頂ければお分かりいただけると思います。

理科の実験室とかいわれるお店、肉には期待していませんでしたが、まずいわけではなく全然美味しい。厚切りの肉で勝負せずに薄切りでスジとかを無くした食べやすい焼肉がメインといった感じで、非常に甘いタレがおいしいので肉はなんとでもなるような感じです。しいていうなら脂身が多めかな。

すたみな太郎

焼き肉のお店だけあって焼き野菜やサラダも充実。理科の実験室といわれるのは焼き肉のまずさではなく、後述の色々なメニューのせいでした。

焼き肉だけじゃなくて色々あります

私の知っている焼き肉食べ放題のお店は大体焼き肉一本で勝負しているものですが、すたみな太郎は違います。

すたみな太郎

寿司。

すたみな太郎

揚げ物とか各種惣菜。ラーメンやうどんもあります。このラーメンやうどんが自分で麺をゆでてスープを作って作る方式になっており、理科の実験室の意味がわかってきました。

理科の実験室の意味、完全理解

デザート類もかなり充実していて、各種冷製菓子、アイスクリームやソフトクリームなどがあります。

なんといっても

  • わたがし
  • クレープ
  • パンケーキ

これらは自分で作れるように電子レンジやホットプレート、わたがし機が置いてあります。

すたみな太郎

コレ。休日のディナー、子供ホイホイといっても過言では無いぐらい子供で溢れていました。

すたみな太郎

隙間を塗って私もクレープに挑戦。

こんな機械見せられたら子供たまらないでしょう。大人の私ですらちょっとウキウキになるのに。子供の頃に戻ってこのお店に来たい…そう思えるデザートコーナーでした。

90分はなんだか不安だったので120分にしましたが、焼き肉の他デザートコーナーで遊んでいたらあっという間に120分経過していました。ちなみに4人で行きましたが、2人でも4人でも焼き網は同じなので、4人の場合は少し時間多めに見ておいた方が無難です。初めてなら絶対おもしろいコンテンツで溢れているので120分をオススメします。

勘違いからの入店でしたが、大満足のすたみな太郎でした。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告