プロ野球のチームカラーの話。グッズ買う側からしても6色分けて欲しいよね。

ポップコーン

先日ヨドバシカメラ梅田店でショッピングを楽しんでいると見つけたのがこのポップコーンメーカー。よくみると側面にスラィリーがいて、アレ!?って思ったら、

ポップコーンメーカー

セ・リーグ全6球団のマスコット柄入りポップコーンメーカーでした。コーンを入れてスイッチを入れるだけでポップコーンができて自宅観戦にピッタリの楽しいグッズだそうです。

ところで皆様、この商品の並びはカープと巨人、タイガースが前に来ていますが、どういう意図で並べたものだと思いますか?

  1. たまたま
  2. 強い順
  3. 人気球団順
  4. 色合い

1は置いといて、2の強い順はこの写真を撮ったのが5月25日だったので、首位阪神から広島巨人と続くので合っています。しかし、2016年の結果では優勝広島から巨人DeNAなので何とも言えないところ。というか順位気にしながら毎日並べ替えてたらそれはそれで凄い。

3の人気球団順、平均観客動員数は阪神、巨人、広島と続くので合っています。横浜DeNAは今シーズン収容率95%以上あるので、球場キャパシティが低い(30000人)ことが問題で実際にはもっと観客動員数を伸ばせるかもしれませんね。拡張工事で35000人に伸ばす計画が着々と進んでいるそうですが、楽しみなところです。

4の色合い。みなさんもそうだと思いますが結局は色合いだと思うのです。これを並べたのはプロ野球を知らない店員さんということも余裕であるので、その場合カラフルな赤、橙、黄色を前面に並べて、青っぽいものを奥にやってしまったというのが最も考えられます。前置きが長くなりましたが、今日は球団のチームカラーについてです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

プロ野球のチームカラーについて

プロ野球のチームカラーは、各チーム何色か採用されることがありますが、あえて一色で表現するならという点で考えてみます。これは商品などによっては一色で表現することがあるため、その場合に使われる色がメインのチームカラーと考えられるからです。

そんなセ・リーグのチームカラーについて

●黄:阪神
●橙:巨人
●赤:広島
●薄青:DeNA
●青:中日
●紺:ヤクルト

こんな感じです。青系が3つあるんですよね。セ・リーグに関しては決定的でおそらく異論は無いと思います。

つづいてはパ・リーグのチームカラーについて。

実はこのパ・リーグのチームカラーが難しくロッテや日ハムはメインのチームカラーが何かと言われると判断が分かれてしまいそうです。そこで、我らがオリックスが去年、ダンスフェスティバルと称して他の球団のTシャツとタオルも作っているのを参考にしようと思います。

それがこちら。

https://www.buffaloes.co.jp/news/detail/5050.html

普段プロ野球を観ている人は、球団ロゴとか載っていないにも関わらず、この画像を見てどの球団のものかわかると思います。

左上から日ハム、楽天、西武と続き、左下からはロッテ、オリックス、ソフトバンクですね。

というわけでパ・リーグのチームカラーは

●白:日ハム
●赤茶:楽天
●青:西武
●黒:ロッテ
●紺:オリックス
●黄:ソフトバンク

で問題ないと思います。

プロ野球のチームカラーは青が多くて緑が無い

ここまで見ていただいたらわかると思いますが、チームカラーに青を採用しているのは12球団中5球団にもなります。色が偏ってしまう要因としては、プロ野球のチームカラーはチーム由来のものと、企業由来の2種類があって変わっていくものだからです。

例えば巨人はチームとしてオレンジを採用してきた歴史があり、また阪神タイガースは虎の色である黄色をずっと使ってきました。一方で、楽天は企業カラーである赤茶色のクリムゾンレッド、ソフトバンクも企業カラーである黄色、オリックスも企業カラーのオリックスブルー(紺色)を採用しています。

チーム由来の方は企業が変わってもチームカラーは変わらないことが多いですが、変える場合はヴィッセル神戸のようにいざこざが起きたりします。少なくとも阪神タイガースのチームカラーを変えることは不可能にさえ思えます。

緑が無い

チームカラーに緑が無いのは緑が優しい色だからとかそういうわけではなく、単純に今採用されていないだけです。ちなみにヤクルトは緑を使うこともありますが、メインのチームカラーとはちょっと違います。

過去には大洋ホエールズや、南海ホークスが電車の色が南海グリーンと呼ばれる緑色だったことから、チームカラーには緑色を採用していました。

完全にたらればの話ですが、三井住友銀行が野球チームを持ったら緑のチームカラーになるでしょう。

青はチーム由来が多いが、もしかしたらオリックスが…。

さてさて、チームカラーに青が多すぎるので、チームカラーが変わる可能性というのをチームカラーが青になった由来をさぐってみることにします。

  • ヤクルトスワローズ

ヤクルトの前身は国鉄スワローズという政府がお金を出している球団という無茶なチームで、その時代から青を使用。歴史は深い。

  • 中日ドラゴンズ

設立時の名古屋軍という名称で、その当時のユニフォームは白黒。1962年ぐらいから段々と青色が入り初めて1969年にはドラゴンズブルーと呼ばれるものの原型が完成。その後の星野監督時代にドジャースに許可を取って中日ドラゴンズのユニフォームを作った時代もある。そんなわけでドジャースブルーとも関連があり、中日ドラゴンズの青色の歴史もまた深い。

  • 横浜DeNAベイスターズ

大洋ホエールズ時代は白地に橙や、赤、黒とコロコロ変わっていた模様。3年ほど湘南電車カラーと呼ばれる橙と緑(アスレチックス風)のユニフォームだった。その後横浜大洋ホエールズ以降は横浜ブルーと呼ばれる青を採用。DeNAの企業カラーはおそらく青ではないが、横浜ベイスターズを買収時にはそのまま青を継続使用。こちらも歴史は深いが、緑や橙に変えても一応説明は付く。

楽天が色々問題を起こすせいでDeNAの運営がもの凄く好評価だが、もし次のスポンサーがあらわれてチームカラーを青から変更する場合は、DeNAが横浜ベイスターズ時代を大事にしている反動からファンに猛反発を食らうことは想像に難くない。

  • 西武ライオンズ

西鉄ライオンズ時代の1952年には青が登場。以降1978年に西武ライオンズになってからも青をずっと使用。こちらも歴史が深い。

そして西武を語る上で外せないのが常勝時代。この時のライオンズブルーは西武ファンならずプロ野球ファンに強烈な印象を残しているので、青の印象はとても深い。

  • オリックス・バファローズ

オリックスの球団史は日本プロ野球史上最も複雑で、成り立ちは阪急軍になる。阪急軍は阪急ブレーブスの前身であり、阪急ブレーブスはメジャーの球団であるアトランタブレーブスを参考にしているので、阪急ブレーブスのカラーといえば赤(もしくは黒か白)だと思われる。その後1989年、オリックスに球団が譲渡された時にオリックスブルー(と黄色)が登場する。

一方で近鉄バファローズは1959年の近鉄バファロー時代から赤を使用。近鉄バファローズの色といえばもちろん赤(紺もそこそこ)。2004年に近鉄バファローズを吸収合併し、オリックス・バファローズとなったが、チームカラーはオリックスブルーから変わっていない。

オリックス・バファローズの球団ロゴBsは「ブレーブス」、「バファローズ」、「ブルーウェーブ」の頭文字Bを複数形にしたもの。それぞれカラーはだが、紺が採用されたのはそれはもうオリックスが出資者だからとしか言いようが無いでしょう。別に悪いことではありません。

しかしながら、紺であることはオリックス・バファローズが、歴史があるにも関わらずチームカラーに企業カラーを採用していることに他なりません。なので、青色のチームカラーの中でチームカラーを変えても一番ファンから怒られない球団、それがオリックス・バファローズだと思われます。ましてや変更先がだったら文句を言う人は少なくなるでしょう。

オリックス・バファローズも着々とファンが増えている(と感じている)が、カープ女子が爆発的に増えたのは赤色のユニフォームが可愛いからとか言われているので、オリックス・レッドにしたらもう一山築けるかもしれませんね。

プロ野球チームカラーまとめ

今回、プロ野球チームのカラーを調査しましたが、調査は結構難しいことに気付かされました。何故なら日本のプロ野球は我が国初の大規模なプロスポーツリーグであり、その時代は戦前の1936年になります。日本初のカラー写真が1940年であることを考えると、写真が白黒で色がわからない、なんてことがザラです。なのでココに書いてあることは間違っている可能性も大いにあります。何かあれば指摘くれるとありがたいです。

ちなみに巨人について調べてみると、

巨人は1960年にテレビのカラー放送がはじまる際に、実験的に赤色のユニフォームにしたが不評により3ヶ月で終わった。

みたいな笑えるエピソードがあったので、青色カラー以外のチームのカラーについても調べてみると面白いことがわかるかもしれないと思いました。また調べてみようと思います。

ではでは。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする