【お出かけ】ライオンの赤ちゃんに会いたすぎて前回から2ヶ月経たずに富士サファリパークへ行った

ライオンの赤ちゃんミルクを飲む

こんにちは。

先週、富士サファリパークへ行きました。なぜか2ヶ月もたたないうちに2回目の来園です。

大阪から富士サファリパークは車で5時間と結構かかるのに2度目を訪れた理由は、タイトル通りライオンの赤ちゃんに会いたかったからです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

超カワ。2ヶ月で結構成長してたライオンの赤ちゃん

ライオンの赤ちゃんが成長していました。

前回来た時がこちら

最初に見に来た時のライオンの赤ちゃん

お姉さんの足の上にちょこんと座る感じ。

今回のがこちら

2ヶ月後に見に来た時のライオンの赤ちゃん

二ヶ月で成長してる!ドサッと居る感じ。

「クゥーンワフワフッ」から「ガオーワフワフッ」ぐらいまで成長した感じ。

残念ながら11/2現在、赤ちゃん撮影会は終了しています。富士サファリパークでは定期的にライオンの赤ちゃんイベントをやってそうなので、見たい方は適宜チェックしましょう。

後は今回撮ってきたとっておきのライオンの赤ちゃん写真をどうぞ。

ライオンの赤ちゃんが何かを加えているところ

木の棒を加えているところ。ハマキみたいなハードボイルドさは…感じませんね。可愛さしかない。

ライオンの赤ちゃんがいっぱい

じゃれつつもこちらを見ているライオンの赤ちゃん

ライオンの赤ちゃんがたわむれているところ

ライオンの赤ちゃんがじゃれつつ口を開けているところ。

ライオンの赤ちゃんが歩く

また木の棒をくわえているところ。

ライオンの赤ちゃんが獲物を狙う

伏せポーズ。獲物を狙っているんでしょうか。

ライオンの赤ちゃんがじゃれているところ

あくび。眠そうです。

ライオンの赤ちゃんがお姉さんに抱かれる

ライオンの赤ちゃん撮影会後。お姉さんの腕の引っかき傷が痛そうです。可愛い顔してるけど猛獣の片鱗が見えます。ちなみにココまで成長すると撮影会に参加できるのが大人だけになります。危険なので。前回は小学生も大丈夫だったんですが。

ライオンの赤ちゃん木の上

木の上に立つライオンの赤ちゃん。

ライオンの赤ちゃん哺乳瓶を飲む ライオンの赤ちゃんミルクを飲む

ライオンの赤ちゃんがミルクを飲むところ。

ライオンの赤ちゃん口を吹く

ミルクを飲んだ後は口を手で拭いていました。中々綺麗好きのようです。

ライオンの赤ちゃん見つめる

ミルクを飲んだ後、急におとなしくなって撮影がしやすいライオンの赤ちゃん。多分この後寝る。

ライオンの赤ちゃんのためにすぐさま2回目を来ただけありました。大きく成長したことを感じられてとても可愛かったです。しかし気になることといえば、飼育員さんの生傷が多いこと多いこと。ライオンの赤ちゃんを担当しているのはほとんど女性の飼育員さんだったので、ことさら気になるところです。しかし、飼育員として業務を選べてくっさいくっさいゴリラの世話か、爪で引っかかれるけどかっわいいかっわいいライオンの赤ちゃんの世話どっちがいい?って聞かれたら、まぁライオンの赤ちゃんですよね。

2回目でわかった富士サファリパークの周り方

富士サファリパーク地図

ソース:http://www.fujisafari.co.jp/park/map.html

直近で2回来てせいか、富士サファリパークの回り方は完全に把握しました。まず大まかな場所のおさらい。

サファリゾーン(自家用車)

サファリゾーン

自家用車でサファリゾーンを周遊。約50分のドライブで、猛獣ゾーンではクマ、ライオン、トラなどの猛獣、草食ゾーンではゾウ、カバ、キリン、シカといった動物を見ることができます。

サファリゾーン(ジャングルバス)

ジャングルバス

金網張りのバスに乗ってサファリゾーンを周遊する有料ツアー。クマやライオン、草食動物にエサやりができるのが自家用車での周遊と違います。所要時間も自家用車と同じ約50分

ウォーキングサファリ

アムールトラ

サファリゾーンの外側コースをウォーキングするのがウォーキングサファリ。自然を感じれる他、時間によってはクマ、ライオン、トラにエサやりをすることができます。約2.5kmの舗装されていない道のりで2時間程かかります。

上はトラのエサやり。猛獣だけどエサを食べてる姿はネコそのものです。

ふれあい牧場(第一駐車場近く)

カンガルー

ふれあえる動物がたくさんいるゾーン。カンガルーやカピバラ、マーラなどがいて、エサやりをすることができます。他にもイヌ・ネコ・ウサギの館というペット動物とのふれあいコーナーもあります。

ふれあいゾーン どうぶつ村(第二駐車場近く)

リカオン

第二駐車場近くのどうぶつ村には、アルパカやシロカンガルーなどのふれあえる動物の他、ヒョウ、ハイエナ、カバといった大型の動物も展示されています。

富士サファリパークの効率的な楽しみ方

私のオススメは、

  1. ふれあい牧場(第一駐車場近く)
  2. ウォーキングサファリ
  3. ポニー
  4. サファリゾーン(自家用車)
  5. ふれあいゾーン どうぶつ村(第二駐車場近く)
  6. 各種イヌ・ネコ・ウサギの館
  7. お土産コーナー
  8. ナイトサファリ

です。ジャングルバスと限定イベントは都度予約が取れた時などに行きます。

ジャングルバスによるサファリゾーンの周遊するツアーは早めに予約しないとかなり後の方の時間になってしまうので注意。利用する予定があるなら入園直後にチケットを取りましょう。

ウォーキングサファリの猛獣エサやりは非常オススメですが、全体で2時間ほど歩いたりすることになるので注意。トラのエサやり時間が決まっているので、早めにすませます。オススメはふれあい牧場で動物に触れたあとです。

そして、ふれあい牧場が一番最初なのは、エサやりがあることです。時間が経つと動物もお腹いっぱいになってエサによってこなくなります。エサに見向きもしない動物はちょっと悲しくなるので、エサやりが好きな方は早めにすませてしまいましょう。

ウォーキングサファリなどに回っていると時間なんてすぐに無くなってしまいますが、イヌ・ネコ・ウサギの館は後で構いません。ナイトサファリがある時間なら19:00ぐらいまで開いているので、後回しでも時間はあります。

最後にお土産を見たら富士サファリパークは満喫できるでしょう。

今回の写真

前回散々写真レポしましたが、新しく撮った写真などを。

チーター

舌をペロリと出したチーター。

アミメキリン

ガッツリ車をブロックしながらゆうゆうと歩くアミメキリン。

アミメキリン

優雅にエサを食べています。

ダマジカ

ツノが凄い立派なダマジカ。

レッサーパンダ

エサを食べるレッサーパンダ。前回はあんまり出てきてくれなかったのですが、今回はたっぷり見れました。

カピバラの赤ちゃん

カピバラの赤ちゃん。

ヤマアラシ

ちくわのような何かをくわえるヤマアラシ。

シマハイエナ

シマハイエナ。この前寝てたので起きているところに会えたのが嬉しい。

ケープハイラックス

身を寄せ合うケープハイラックス。寒いんでしょうか。何にしても可愛すぎる。

カバ

カバ。前回は水に使って全然動いてくれませんでした。

リスザル

リスザル。せわしなく動くので撮影するのが難しい。

ちなみに帰りにさわやかに行きました。

静岡の県民食、炭焼きレストランさわやかへ行ってきたでー
こんにちは。 静岡に行ったらさわやかに行くといいよ。と教わったので、富士サファリパーク帰りに炭焼きレストランさわやか行ってきま...

ではでは