【お出かけ】神戸どうぶつ王国写真110枚レポ

神戸どうぶつ王国

神戸どうぶつ王国へ行ってきたレポです。たくさん写真を撮ってきたので、写真と共にどうぞ。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

神戸どうぶつ王国って

神戸どうぶつ王国トップ

神戸どうぶつ王国は神戸のポートアイランドにある動物と花のテーマパークです。見るだけでなく、エサをあげたり触れ合えたりできる動物との距離が近いテーマパークでもあります。

大阪からは高速にのって1時間かからないくらい。楽勝の日帰りスポットです。

料金
大人(中学生以上) 1,500円
小人(小学生) 800円

※障がい者割引有り

ちなみに旧名は神戸花鳥園で、2013年よりこの神戸どうぶつ王国という名前になりました。名前のかっこよさでいうと神戸花鳥園の方が圧倒的ですが、神戸どうぶつ王国になってアウトサイドパークという屋外型の動物エリアができて、テーマパークとしてはパワーアップしています。

インサイドパーク(屋内)

神戸どうぶつ王国インサイドパーク

インサイドパークは園内の入り口やお土産コーナーもある屋内の施設。雨の日でも濡れずに楽しめます。

アニマルプロムナード

駐車場からの入り口がこのアニマルプロムナード。

アニマルプロムナード アルパカ

アルパカが散歩にきていたりします。

アフリカンウェットランド フェネック

フェネック。キツネの中で最小の種族で、大きな耳が特徴。ずっと寝てました。

アニマルプロムナード ケープハイラックス

ケープハイラックス。ハイラックス科というあまり馴染みのない動物。何かに似ているようで何にも似ていないような…、でも結構可愛い方ですね。

アニマルプロムナード サーバルキャット

こちらも耳が特徴のサーバルキャット。耳が大きいというより、頭が小さい気もします。15頭身ぐらいありそうです。

アニマルプロムナード オオフクロウ

オオフクロウ。

アニマルプロムナード ミルキーワシミミズク

ミルキーワシミミズク。三つ子感が凄い。実際にはわからないけど。

アニマルプロムナード シロフクロウ

シロフクロウ。フクロウの中で珍しい昼行性だからか、バッチリ目が空いています。目を閉じた姿が笑っているようで可愛いと評判なんですが…。

アニマルプロムナード ハクトウワシ

アメリカのシンボル、ハクトウワシ。

アニマルプロムナード ベンガルワシミミズク

私の大好きなシベリアワシミミズク。好きなだけあって撮りまくったので以降4枚程よく撮れた写真をお楽しみ下さい。

アニマルプロムナード ベンガルワシミミズク

可愛くてカッコイイ。

アニマルプロムナード ベンガルワシミミズク

ミミズクなので、耳(羽角)を持ってます。

アニマルプロムナード ベンガルワシミミズク

目が綺麗です。ただ、この黒目は動きません。フクロウの首が後ろまで回るのはこの黒目が動かないためと言われています。私たちが首を曲げて眼球を動かして何とか後ろの方が見えるのを、フクロウは首だけで実現しているというわけですね。

アニマルプロムナード ベンガルワシミミズク

正面から。ところで私はダーツを少し嗜むのですが、このフクロウ…なんだかプロダーツプレイヤーのフィル・テイラーに似ている気がする。

フィル・テイラー

引用:https://note.mu/dartslive/m/m5b2bff7ff18a

これがフィル・テイラー。似てる。そっくりだ。

phil-taylor-horned-owl2

せっかくなんで並べてみた。やはりそっくりだ。

アフリカンウェットランド

アフリカンウェットランド

アフリカンウェットランド全景。

アフリカンウェットランド ハシビロコウ

ハシビロコウ。全く動きません。目のホリが深くて外国の人っぽい。

アフリカンウェットランド アフリカハゲコウ

アフリカハゲコウ。

アフリカンウェットランド アフリカハゲコウ

アフリカハゲコウ。給餌中。エサをいっぱい貰っているので喉袋が凄い膨らんでます。

アフリカンウェットランド ムナジロガラス

ムナジロガラス。名前そのまんま、胸元が白いです。

アフリカンウェットランド アカカワイノシシ

背中の白いラインが美しいアカカワイノシシ。艶やかな体毛もいいですね。

アジアの森

アジアの森 ビントロング

ビントロング。ジャコウネコ科

アジアの森 ビントロング

ピンク色の口がおしゃれです。

アジアの森 ビントロング

見事にピンク色ですね。

アジアの森 ビントロング

可愛いんですよね。

アジアの森 コツメカワウソ

コツメカワウソ。私の好きな動物トップ10に入るかもしれない生き物です。そんなわけでバシャバシャ写真を撮ったので3枚良く撮れた写真をどうぞ。

アジアの森 コツメカワウソ

イタチ科。カワウソは水族館、動物園どちらでも見ることができるのもいい。食べ物は食肉目だけあって肉食。なので水槽の衛生状態が悪いとかなりの獣臭を放ちますが、ここ神戸どうぶつ王国のカワウソ水槽は臭いもなく本当に綺麗です。カワウソも幸せそうです。

アジアの森 コツメカワウソ

足で顔を掻いているところ。

アジアの森 コツメカワウソ

アゴのせ。この後寝ました。

レッサーパンダ特集!

アジアの森 レッサーパンダ

神戸どうぶつ王国のイチオシといえばおそらくこのレッサーパンダ。私のイチオシでもあります。

アジアの森 レッサーパンダ

レッサーパンダの子供が3匹もいます。那須どうぶつ王国から送られてきたそうです。

アジアの森 レッサーパンダ

レッサートークというレッサーパンダの生態についての解説の後、エサをあげるイベントがあります。

アジアの森 レッサーパンダ

飼育員さんが来たらレッサーパンダはエサを貰おうとソワソワ動きます。

アジアの森 レッサーパンダ

アジアの森 レッサーパンダ

とにかく落ち着きがありません。レッサーパンダという種がそうらしいのですが、さらに子供のレッサーパンダということもありそうです。

アジアの森 レッサーパンダ

レッサートーク中はずっと口をあけてました。ちょっと犬みたいですね。

アジアの森 レッサーパンダ

エサやり。

アジアの森 レッサーパンダ

エサやり。

アジアの森 レッサーパンダ

エサの後は睡眠。この洗濯物みたいな寝方大好きです。

ウォーターリリーズ

ここはバードパフォーマンスショーが行われる場所です。バードパフォーマンスショーの模様をどうぞ。

ウォーターリリーズ バードパフォーマンスショー

ウォーターリリーズ バードパフォーマンスショー

結構撮り倒してやっと撮れた飛行中のフクロウとミミズク。シャッタースピードを長くして追従するように撮るとかっこいいと聞いたので試しましたが、ブレた写真が量産されるので難しいですね。精進しなければ。

ウォーターリリーズ バードパフォーマンスショー

ウォーターリリーズ バードパフォーマンスショー

シベリアワシミミズク。

ウォーターリリーズ バードパフォーマンスショー

ハリスホーク。

ウォーターリリーズ バードパフォーマンスショー

オオフクロウ

ウォーターリリーズ バードパフォーマンスショー

オオフクロウ

ウォーターリリーズ バードパフォーマンスショー

必死で飛ぶところが可愛いオオバタン。

ウォーターリリーズ バードパフォーマンスショー

失敗写真ではあるが、羽根が綺麗に撮れておしゃれになったので載せてみる

ハリスホークウォーターリリーズ バードパフォーマンスショー

ハリスホーク。かっこいい。

kobe-oukoku-water-4074

猛禽類の飛行は流線型で本当にかっこいい。

ウォーターリリーズ バードパフォーマンスショー

鷹って感じのポーズです。

ウォーターリリーズ バードパフォーマンスショー

ハリスホーク。

ウォーターリリーズ バードパフォーマンスショー

ルリコンゴウインコ。

ウォーターリリーズ 花 ウォーターリリーズ 花

ここで咲いていた花。花の名前とかは書いていないので、何の花か全然わかりません。

北エントランス

サボテン

サボテンコーナー。サボテンのトゲを見ていると岩に登るには本当に危ないと思う。

巻雲

巻雲。メロカクタスとも呼ばれる有名なサボテンですね。ここまで成長した花座はあんまり見ないのではないでしょうか。

アルパカ

アルパカ。エサを食べています。

アルパカ

急にエサを食べなくなる。口に草がいっぱい付いてるのが良い感じです。

アルパカ

お口を綺麗にしたら凛々しいのに…。このアルパカは触ってもOKで、夏場のこの時期でも体毛が厚くてふわふわなことがわかります。

熱帯の森

熱帯の森 コモンマーモセット

コモンマーモセット。耳が白い毛に覆われた小さいサルという感じです。

熱帯の森 ギニアエボシドリ

ギニアエボシドリ。頭にエボシのような羽根が付いているからエボシドリ。

熱帯の森 ムラサキエボシドリ

ムラサキエボシドリ。こちらも頭の上がふさふさです。

熱帯の森 オウギバト

オウギバト。これもエボシのような気もしますが、こちらはハト科の生き物に、扇状の羽が付いているからオウギバト。

熱帯の森 フタユビナマケモノ

フタユビナマケモノ。名前の由来はもちろんその遅すぎる動作から。やっぱりというか、動いているところは見れませんでした。

熱帯の森 ミナミコアリクイ

ミナミコアリクイ。レスリングのユニフォーム(シングレットと呼ぶ)を着ているかのような模様がいい感じです。

熱帯の森 ミナミコアリクイ

ミナミコアリクイ。せわしなく動くのでぶれた写真しか撮らせてくれませんでした。

熱帯の森 ルリコンゴウインコ

ルリコンゴウインコ。青い羽と胸元からお腹の黄色が鮮やかとしかいいようがない。コンゴウインコはインコ科の中で最大の鳥で、この鳥も体長80cmぐらいあります。

熱帯の森 ベニコンゴウインコ

ベニコンゴウインコ。赤を基調としてグラデーションのかかった羽根が美しいインコちゃん。コンゴウインコは人が飼育することもでき、よくなつくそうですが、平均寿命が60年前後とかいわれており飼いきれるかどうかは難しいようです。

熱帯の森 オニオオハシ

大きなクチバシに白い胸元のオニオオハシ。有名な鳥ですね。

熱帯の森 オニオオハシ

正面から見てもクチバシが大きい。

熱帯の森 オニオオハシ

青い目に、周りがオレンジ色。鮮やかな色合いのせいか、カメラ写真のサンプルとしてよくこのオニオオハシの撮影写真を見る気がします。私みたいな素人が撮ってもいい写真のように思えてしまう、何とも鮮やかな鳥さんです。

アクアバレー

アクアバレー マーラ

マーラ。シカのようなネズミ科の生き物。

アクアバレー マーラ

神戸どうぶつ王国ではマーラにエサをあげることができます。1つの笹をとりあう様子。

アクアバレー カピバラ

すっかり有名になったカピバラ。横から見るとボケーっとしか顔が可愛いですが…。

アクアバレー カピバラ

正面から見ると結構ブサカワ方面になります。

アクアバレー カピバラ

カピバラにもエサやりが可能でした。

アクアバレー カピバラ

神戸どうぶつ王国には水場があり、カピバラが入っていく様子が見れました。

アクアバレー ゴマフアザラシ

ゴマフアザラシ。ずっとこんな感じで水槽から私達を見てきます。

アクアバレー ミナミアメリカオットセイ

ミナミアメリカオットセイ。おねむでした。

アクアバレー アメリカビーバー

ちょうどご飯タイムのアメリカビーバー。飼育員さんが親子のビーバーに手渡しでキャベツやニンジン、さつまいもといったエサを与えていました。

アクアバレー アメリカビーバー

両手で掴んで食べる仕草が可愛い。食べ方はリスとかカワウソに通じるものがあります。

アクアバレー アメリカビーバー

泳ぎながらニンジンをかじるアメリカビーバー。ちなみにこのビーバは子供のビーバーで、大人のビーバーはニンジンを貰った直後にポイッと放り投げて食べませんでした。何でも食べる子供と、より好みする大人。ダメな構図です(笑)。

フラワーシャワー

お土産コーナーなどもあるエントランス的な場所では、花がいっぱい咲いています。

フラワーシャワー フラワーシャワーフラワーシャワー フラワーシャワーフラワーシャワー フラワーシャワーフラワーシャワー フラワーシャワーフラワーシャワー フラワーシャワー

花の名前の立て札や、説明書きがありません。花について全然詳しくないので、説明書きが無いのは少し残念です。

アウトサイドパーク(屋外)

神戸どうぶつ王国アウトサイドパーク

ラクダやヤギ、カンガルーといった少し大型の動物と触れ合えるのがこのアウトサイドパーク。

アウトサイドパーク

シカやカメ、カンガルーがいる広場。シカとカンガルーにはエサをあげることができます。

アウトサイドパーク ケヅメリクガメ

ケヅメリクガメ。

アウトサイドパーク アキシスジカ

アキシスジカ。芝生に溜まった水を飲んでいます。

アウトサイドパーク アルパカ

アルパカ。エサをあげることができます。「じらすとツバをはくことがあります」これは嫌だ。

アウトサイドパーク アルパカ

エサを買うとすぐに寄ってきます。

アウトサイドパーク アルパカ

近い近い。でもビビってじらしてはいけません。何しろツバを吐かれるとあるので。

アウトサイドパーク フタコブラクダ

フタコブラクダ。ヒトコブよりフタコブの方が圧倒的に座り良さそうです。

アウトサイドパーク フタコブラクダ

フタコブラクダ。背景のビルとのミスマッチが凄い。

アウトサイドパーク ミニチュアホース

ミニチュアホース。ポニーよりもさらに小さいのがミニチュアホースとされています。

アウトサイドパーク コリデール

ヒツジ。羊毛!羊毛!

アウトサイドパーク コリデール

ヒツジにもエサをあげることができます。エサをもらうためにヒツジが網から顔を出すせいか、網には毛が絡まりまくってます。

ドッグパフォーマンスショー

アウトサイドパーク ドッグパフォーマンスショー

ニュージーランドハンタウェイという牧羊犬。

アウトサイドパーク ドッグパフォーマンスショー

ヒツジを追い立てて誘導します。

アウトサイドパーク ドッグパフォーマンスショー

ヒツジの上にのったりも。

アウトサイドパーク ドッグパフォーマンスショー

牧羊犬のショーの後は、フリスビーのショー。

アウトサイドパーク ドッグパフォーマンスショー

空中でキャッチ。

お土産コーナー

神戸どうぶつ王国お土産コーナー

もちろん、神戸どうぶつ王国にいる動物を中心としてグッズの数々が置いてあります。面白いものとしては、神戸どうぶつ王国オリジナルのビントロングのぬいぐるみ。

感想

バードパフォーマンスショーと、ドッグパフォーマンスショーは絶対見ておくべきショーで、それぞれ動物の面白いショーが見れます。見まわる動物としてはレッサーパンダがまだ幼いこともあって非常に軽快に動きまわるのが可愛くて時間をかけました。

動物園と考えると規模自体はそこまで広くありませんが、エサやりや触れ合いに、豊富なイベントで動物好きなら1日中見ることができるテーマパークだというのが感想です。実際私も1日中神戸どうぶつ王国に居たので。

神戸どうぶつ王国は神戸ポートアイランドにあるので、1日中見れなくても遊ぶところはたくさんあります。同じポートアイランド内にはIKEAがあったり、さらに海側の島が神戸空港だったり。もちろん神戸に戻れば山ほどの遊び場があります。私も時間があれば神戸空港で飛行機を見ようと思っていたのですが、神戸どうぶつ王国を堪能しすぎて時間がなくなりました。

ではでは。