鳥取県中部地震で見たプロジャーナリスト魂

こんにちは。

10月21日、1週間程前に鳥取で起きた地震は鳥取県中部地震という命名だそうですね。

マグニチュード6.6、最大震度6弱と大きな地震で、私の住んでいる大阪北部でも震度4とかなり揺れました。

私といえば、けたたましく鳴ったケータイの緊急地震速報でビックリして、あわわわわってなり、揺れたら揺れたで慌てて何もできずデスクに座ったままでした。いざという災害時ってヤハリ動けないものですね。

と思っていたら、地震発生時のテレビ局内の映像を見てビックリです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

機敏な動きを見せる局員

鳥取中部地震

地震が起きた瞬間、左下の女性らしき人がロッカーを開けて何かしています。

鳥取中部地震

そしておもむろにカメラを取り出し、揺れている日本海テレビニュースセンターの吊り下げプレートを録画し始めます。

鳥取中部地震

続いて揺れているデスクの様子を撮影。

鳥取中部地震

そこにヘルメットを被った人がやってきます。

鳥取中部地震

ヘルメットを被った人はアナウンサーなんでしょうか。地震でまだ揺れている中、アナウンサーを交えて状況を撮影開始。

鳥取中部地震

時計などを確認しながら地震の状況などを撮影。

え~と、

被災してますよね!?

大阪の震度4で何も動けずあわあわしていた私と違い、この人らは震度6弱の状況において、カメラマンはさっさと動いて地震の状況を伝えるための撮影開始。遅れてアンカー役の人はテレビに映るためにしっかりとヘルメットを被って登場と、必要な時に必要な行動を取れるジャーナリスト達。プロ魂溢れる冷静さと機敏さに尊敬の念を抱かざるをえません。

とっさの時のとっさの行動が取れる、そんな人間になりたいものです。

ではでは。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする