一眼レフユーザーの写真と動画の保存について物申したい。無劣化軽視ダメ、ゼッタイ

一眼レフ写真の保存

こんにちは。

私は一眼レフユーザーなのですが、写真と動画が溜まってきました。ついでにいうと世の中の無劣化軽視にも怒りが溜まってきました。今日は書くぞ。ムキーッ!

今回は溜まった写真と動画の保存場所についてです。結論から言うと、一眼レフユーザーの保存先はまだローカルストレージも必要ということです。

正直、資産階級でも無い限り、一眼レフユーザーの写真はamazonプライム・フォトしか保存先が無いし、動画の保存先はgoogleか、もしくは無いと言っても過言ではありません。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

当たり前だが、一眼レフユーザーは大量の写真と動画を保存する必要がある

まずは全く静止画の容量がバカにできない件について。

静止画の容量はバカにできない。

一眼レフユーザーはRAW保存が当たり前で、RAW+JPEGで写真を撮ると1枚につき20~30MB、さらに高価なカメラならもっと大きくなります。それに加えてハイアマチュア以上の方々は驚く程トリガーハッピーです。

野鳥撮影で湯水の如く撮影する人

トリガーハッピー具合を絵に描いてみました。間違っていないと思います。

動画の容量はもちろん馬鹿にできない。

ついでに一眼レフで動画を撮るのも当たり前の時代というか、撮影素子が大きい一眼レフによるボケの効いた動画などは、プロ・アマ問わず魅力的な動画になるので使われていますね。

以上により、一眼レフユーザーは大量の写真と動画を保存する必要があります。

例えば、私はこの年の夏場は結構カメラを持って出回ったので直近3ヶ月(7~9月)の写真撮影枚数は約4000枚。実に190GBもの容量になりました。

こうなってくるとストレージサービスを使うのは現実的ではありません。例えばgoogle driveを使うと、私の写真と動画の総容量は既に1TBを越えているので10TBプランが必要で、その場合は月額$99.99になります。さすがに高い。1年経ったらAPS-Cの中級機とか安い白レンズが買えるぐらいの値段になります。

いないと思いますが、一眼レフ持っているけどRAWで保存していないという方は、今すぐRAW(RAW+JPEG)で保存するように設定変更すべきです。いちいち説明しませんが、RAWで保存していないプロなんていないのが答えです。

写真と動画の保存の話

一眼レフ写真の保存

ここまでで、写真と動画、それも写真に関してはRAW+JPEG両方が保存できないといけないことがわかりました。そして、無劣化でRAWを保存できるのがamazonプライム・フォトしか無いため、実質amazonプライム・フォトしか選択肢がありません。しかもRAW+JPEGなら無劣化で容量無制限という美味しすぎる点がポイントです。

amazonプライム・フォト

○JPEGとRAWが無劣化、容量無制限

×有料。3900円/年間

×動画が5GBまで

問題は、動画が5GBまでしか保存できないということです。動画5GBなんてディズニーランドのパレードも全部取れないぐらいのちっさいちっさい容量です。

一応google フォトの事も触れておきます。こちらも容量無制限というでっかいウリで話題ではありますが、劣化することを忘れてはいけません。

google フォト

○無料

×写真は1600万画素に再エンコードするなら容量無制限

×動画は1080pに再エンコードするなら容量無制限

私の中でgoogle フォトの写真保存は論外です。RAWもJPEGも1600万画素相当に再エンコードされるので、劣化しすぎてバックアップとするには無理だと言わざるをえません。

同様に動画も1080pに再エンコードされてしまうので劣化してしまいます。一眼レフの動画は4k対応のものもあるしビットレートの問題もあるので、劣化することは避けられません。しかし、動画の容量無制限サービスはgoogle フォトぐらいしか存在しないのも事実です。

巷の無劣化軽視が怖い

googleフォトを使って再エンコードされてもほとんど分からないからどうでもいいと言った意見が散見されすぎて、もう自分がわからなくなるので今日はガツンと言う。巷では1600万画素に再エンコードされても十分綺麗だからいいとか言うが、

十分なわきゃない!

その考えだと、将来さらに目新しい付加価値の付いた新しいフォトストレージサービス(再エンコード付き)が出てきた時、再エンコードしても対して違わないからって乗り換えますか?

そんなん繰り返していくうちにクローンを繰り返して遺伝子情報が劣化してきたルパンのマモーみたいになるわ!

私はバックアップとしての保存先は無劣化が基本だと思っているし、RAWは現像した後も捨てない。写真は後から加工して使うことも多々あるし、加工するならファイルサイズは大きいにこしたことは無い。何故なら加工してから圧縮するのと、圧縮してから加工するのとではクオリティに天と地ほどの差があるから。JPEGからJPEG作るようなことはしたくないし、その行為の結果はマモーだ。

まとめ

結局、最初に持ってきた結論になるが、静止画(RAW+JPEG)はamazonプライム・フォトで無制限に保存。動画は劣化するけどgoogle フォトぐらいしか安くすませる方法は無い。動画を無劣化でとなると通常の有料クラウドストレージサービスを使わないと容量が足りない。その場合もかなりの容量になるであろう動画の保存は、有料サービスでもかなりお値段がかかる結果になることでしょう。

共有目的や万が一の時のgoogle フォトなら理解できる

ローカルから消してしまえる完全なバックアップ目的ではなく、写真の共有目的でamazonプライム・フォトやgoogle フォトが便利という意見は非常によくわかります。PCとスマフォで簡単に共有できて速いし本当に理想的なクラウドストレージだと思う。オリジナルは手元のPCに残して、万が一クラッシュした時は仕方なく劣化したメディアで我慢するって意見はもちろん指示します。

一元管理したい

しかしそれでも、静止画はこっち、動画はこっちとサービスを分けたりするのも面倒なので、一元管理したいと思うようになるわけです。そうなるとローカルストレージはまだまだ必要なんだなーと思ったりもします。

結果、私は今家に置いているLinuxサーバーに余ってたHDDを2TB×2(ミラーリング)を刺してSambaを入れ、NASにしました。でもこれはクラウドサービスと違って障害耐性が低い。家が火事になったらバックアップもろとも吹っ飛ぶしね。そう考えるとやっぱりクラウド欲しいんです。

それに今さらSambaなんて使ってるのも時代遅れなような気もするんですよねぇ。なんかいいサービスあったら教えて下さい。多分将来的にはgoogleさんがgoogle フォトの無劣化サービスをすると思うんですけど。しないかな。

ではでは。