【食レポ】大阪で台湾まぜそば食べたくなったら麺やマルショウ

麺やマルショウ

こんにちは。

先日、車を運転しているとお昼のテレビ再放送で秘密のケンミンSHOWをやっていて、台湾まぜそばが大層美味しそうに紹介しており、見てたら食べたくなったので近くの台湾まぜそばのお店を検索しました。

台湾まぜそばの発祥は名古屋にある「麺屋はなび」で、その姉妹店である「麺屋つばき」というお店がキタとミナミのど真ん中にあります。しかし車に乗っているのでさすがに休日昼間からキタとミナミに車で繰り出して大渋滞に巻き込まれたくないと思ったので、別のお店を探すことにしました。

すると、麺やマルショウというお店が豊中本店で大阪に数店舗あることがわかったので、新大阪店に行ってみました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

麺やマルショウ

本店が豊中だとおしゃれそうな感じを受けるのは何故でしょうか。ちなみにケーキ屋さんは箕面本店がかなり多いと感じる関西界隈のケーキ業界です。

麺やマルショウ食券

お店は食券方式。

台湾まぜそば

これが台湾まぜそば。台湾まぜそばというのは、唐辛子とにんにくとミンチを合わせた台湾ミンチを汁無しの麺に乗せた料理。この麺やマルショウでは、台湾ミンチにネギ、ニラ、メンマにきざみ海苔、そして卵が乗っています。

台湾まぜそば

麺は太麺。食べ続ければ辛さを感じるぐらいで、台湾ラーメンほど辛くはありません。私としては甘みと辛味が絶妙で美味しく、一口食べた瞬間気に入りました。

追い飯

追い飯付き。麺を食べた後に残ったタレと混ぜて食べる。ご飯の盛り方がお供え物のようだ。

調味料

濃いめの味でパンチ力はあるが、悪く言えば飽きやすいので、にんにくや七味、こんぶ酢などで味に変化を出しても良い。こんぶ酢を入れると酸味が効いて味が変わるのでおすすめです。

台湾まぜそば追い飯入り

追い飯を入れる。私が食べた後なので、少し小さめにしておきます。そんなに綺麗なものじゃないし。

追い飯を混ぜると出来上がり。肉や卵の甘みにピリ辛のタレとご飯の相性は凄く、めちゃくちゃ美味しい。

麺やマルショウ、ごちそうさまでした。