洗って使えるキッチンペーパーがどストライクだった

こんにちは。

スコッティファイン洗って使えるペーパータオル

スコッティ ファイン 洗って使える ペーパータオル 61カット 1ロール

いきなりですが、近くのスーパーでこんな商品を見つけて、なんだこれ洗って使えるってどういうことだってばよ。もし本当なら素敵やん。と思って購入しました。

色々使い道がありそうだけど、この洗って使えるという説明で真っ先にやりたいのがコンロ周りの掃除。

スコッティファイン洗って使えるペーパータオル

まず濡らしてしぼってみた。濡らしてしぼっても破れる気配がありません。丈夫。この時点で結構テンション上がりました。

スコッティファイン洗って使えるペーパータオル

拭き拭きして、洗って絞る。でも破れない。

スコッティファイン洗って使えるペーパータオル

さらに拭いたらコンロ台のお掃除終了。でもペーパータオルは洗ってまだまだ使えそうです。捨ててもいいけど(笑)。

使ってみて思うのですが、私にとってはどストライクの商品でした。

普段からふきんを使って食卓を拭いたり、汚れてきたふきんをコンロ用とか、シンク周りとかに格下げしつつ使っている人には間違いなく薦められそうなモノです。

というのも毎度思っていることなのですが、ふきんは熱湯消毒などをしても段々黒ずんでいきます。少し黒ずんだふきんでテーブルを拭いていると、本当にこれテーブル綺麗になっているのかなーと疑問に思ったりします。家のテーブルにこぼしてしまった食べ物は食べるようにしているので、ふきんの黒ずみが気になります(外食の際にテーブルにこぼした食べ物は食べないですが)。コンロも同じことです。我が家では厚手のふきんを使っていますが、これがまぁ黒ずむ黒ずむ。そして厚手だから熱湯消毒などをして、長く使おうと努力してしまいます。

そんなわけで短いスパンのふきんみたいなものがあったらなーと思う事は多いわけです。キッチンペーパーとふきんの中間みたいなモノ。それがこの洗って使えるペーパータオルなんです。

今日はテーブル拭いて、ご飯食べて、その後シンクとコンロ周りの掃除しようかなって時に1枚使ってポイ。またある日はテーブルだけ拭くだけだったから、次の日もテーブル拭きとして使えるように置いておくとか、そんな使い方ができるのでなかなか便利だなーと思いました。

コストパフォーマンスに優れない高価なものだったら要らないんですが、amazonだと61カット1ロールで284円。1枚あたり4.6円。1通り使い終わったら捨てれる価格。熱湯消毒なんて逆に電気ガス代の無駄ともいえます。

そんなわけでちょっと自分の中ではこんな商品待っていた感のあるモノでした。コストコには前々からあったそうなんですが。海外でアイデア化された商品なんでしょうかね。

ではでは。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告