かえる好きが知っておくべき間口グループという物流系企業

こんにちは。
突然ですが、間口グループという会社をご存知でしょうか?

カエル好きにとっては知っておくべき会社かもしれません。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

間口グループという会社が素晴らしい(カエル的な意味で)

会社概要

間口グループは、国内16社、海外1社に加えディビジョンカンパニー6社で構成される総合物流企業です。明治34年、大阪港を基盤に港湾運送の専業者として創業し、港湾業界の老舗として船内荷役業・沿岸荷役業・倉庫業を営んで参りました。昭和40年代からは流通業界において、お得意様の物流システムの構築に参画し、現在は多角的に業務を拡大しております。日本全国のみならず、香港等にも海外拠点を展開し、港湾を含めたインターモーダルの構築によって国際複合一貫輸送をとり行い、グローバルな視野を持ってお客様へ最適な物流環境をご提供致します。

要するに大阪に本社をおく物流系の企業です。

しかし会社概要とかは問題じゃない。

問題なのはカエルです。

間口グループのグループキャラクターがカエルなんです。

p13_lb

引用:http://www.maguchi.co.jp/anniversary110/archive/logo.html

連結会社すべてカエル付き。これは可愛い。ユナイトサービス株式会社(左下)と間口マテリアルハンドリング株式会社(下)のカエルがほぼ同じ画像だけど気にしない。

カエルの名前が何処にも見当たらなかったのですが、このカエルは小野道風の故事に由来しているそうです。

道風は、自分の才能のなさに自己嫌悪に陥り、書道をやめようかと真剣に悩んでいる程のスランプに陥っていた時のこと、ある雨の日散歩に出かけていて、柳に蛙が飛びつこうと、何度も挑戦している姿を見て「蛙はバカだ。いくら飛んでも柳に飛びつけるわけないのに」とバカにしていた時、偶然にも強い風が吹き、柳がしなり、見事に飛び移れた。これを見た道風は「バカは自分だ。蛙は一生懸命努力をして偶然を自分のものとしたのに、自分はそれほどの努力をしていない」と目が覚めるような思いをして、血を滲むほどの努力をするきっかけになったという。

努力することの大切さですね。企業理念に掲げるにふさわしいいい話です。

花札

ちなみに花札の光札の雨はこの故事にちなんでいます。描かれている人も小野道風だったりします。

間口グループのトラックが素晴らしい(カエル的な意味で)

maguchi_vehicle

そんな間口グループのカエルはトラックのイラストにも使われており、これが非常に可愛い。
大阪が本社なせいか、大阪近辺ではこの間口トラックが走っているのをたま~に見ることができます。

ちなみに20両に1両の割合で画像にあるようなウインクしたカエルになっているそうです。
ウインクしたカエルを見つけたら超ラッキーですね。

間口グループの本社も素晴らしい(カエル的な意味で)

まずはこの写真を見て下さい。

間口本社にあるカエルベンチ

これは間口本社にあるカエルのベンチです。なんと本社にはこんな可愛いベンチが用意されているのです。カエル好きとしては行かざるをえなかったこともあり、行ってきて写真を撮りました。

間口グループの本社は大阪市の港区で海遊館の非常に近くにあります。海遊館へ遊びに来た際には是非カエルさんに会いに行って上げて下さい。本社なのでクソ迷惑かもしれませんが(笑

ではでは

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする